肌の保湿・花粉症・鼻炎の鼻下バームに<アロマシアバターの作り方>

鼻水ズルズル…花粉症や風邪、鼻炎…鼻をかみすぎて乾燥した部分を、優しく、そして良い香りでしっかり保湿。

シアバターとは、サバンナに分布する「シア」の木の種子から採れる油脂です。

肌や髪の保湿だけでなく、加齢による肌の衰えにも働きかける嬉しい作用も。

簡単に作れる、万能アロマバターの作り方をご紹介します♪

【動画】アロマシアバターの作り方

花粉症の時期にもおすすめ、しっとり保湿のシアバターの作り方

シアバターとは?万能!乾燥肌の味方

シアバターは、別名カリテバターとも言われます。

主産地はガーナやナイジェリア。

天然の恵みで肌や髪を優しく保湿するため、敏感肌の方や、ナチュラルケアをしたい方に人気のバター。

未精製のものは、やや甘く香ばしいような香りがしますが、香りを抜いた精製されたものも販売されています。

加齢肌・紫外線にも

抗酸化作用があると言われるシアバターは、肌を柔らかくよみがえらせ、長時間肌を保湿してくれます。

夜に塗ったら朝までしっとり!

紫外線から肌を守り、加齢による肌の衰えに働きかけると人気です。

最近しわが気になるな…そんな時にもおすすめ。

ケガや炎症を治そうとする皮膚の力を促進してくれるため、手荒れや、固くなったかかとのケアなどにも◎


シアバターの使い方

常温では固形のシアバター。

手のひらに取って体温で温めると溶けます。

顔の保湿、リップ、髪の保湿、頭皮ケア、全身の保湿として使えます。

広範囲に薄く伸ばしたい時には、植物オイルと混ぜて使うのも◎ひどい乾燥の保護に役立ち、長時間潤い肌を保ちます。

シアバターには精油を混ぜることにより、その精油の効能も期待でき、何より良い香り♪

お好きな香りを混ぜて、アロマシアバターを作りましょう。


シアバターの材料

・精製シアバター(未精製でも可)

・乳鉢・乳棒(皿・スプーンでも可)

・ケース

・スパチュラ(スプーンで代替え可)

・エッセンシャルオイル(今回はオーガニックを使用)


シアバターをつくろう

シアバターには未精製のものと、精製されたものが販売されています。

アロマショップやネットで購入することができます。

今回はエッセンシャルオイルの香りを活かすために、無香料の精製シアバターを使用しています。

全身用として、30g作ります。

まずは乳棒で、シアバターを軽くつぶします。

エッセンシャルオイルをいれる

瓶をゆっくりと傾け、エッセンシャルオイルをいれます。

数種類のオイルをブレンドしてもOK!

Body用かFace用かで、エッセンシャルオイルの分量が異なります。

顔と身体の両方に使いたい場合は、濃度の低いほうに合わせ【Face用】で作りましょう。

〈エッセンシャルオイルの分量〉
シアバター10gに対して / Body用・・・2滴 / Face用・・・1滴

しっかり混ぜる

エッセンシャルオイルが行き渡るように、しっかり混ぜます。

乳棒に付いたシアバターを、スパチュラできれいに取ります。

ケースに入れて完成

ケースに入れます。しっかり押さえるとたくさん入ります。

ラッピングをしてみました♪

小さなケースに分けて、ドライフラワーで飾って♪


まとめ

シンプルな材料で、簡単につくることが出来る、アロマシアバター。

小さなケースにいれていつでもバッグの中にいれておけば、リップにも、ハンドクリームにも、顔の乾燥が気になる時にも…

お風呂上りには、顔にたっぷり塗ったり、固くなったかかとのケアもして。

ハーブの香りに癒されながらお休みください。

アロマクラフトを楽しもう!

エコサート認証AAAランクヘナの専門店がお届するYouTube。

ヘナ関連動画だけでなく、アロマクラフトや健康に関する動画など、随時配信しております。

ヘナやハーブのある、潤いのある生活をお楽しみください♪


アバンサスYouTubeを観る