よく染まって気持ちが良い!ヘナペーストの作り方

ヘナカラーを成功させるコツのひとつが、ダマのない滑らかなヘナペーストを作ること。

ペーストが上手くできると、髪と地肌に吸着しやすく、染まりやすくなります。

また、髪に塗りやすく、毛穴に入っていくような感覚が何とも気持ちが良い。

効果的なヘナカラーを楽しむための、ヘナペーストの作り方のご紹介です。

【動画】ヘナペーストの作り方

ヘナオレンジにハーブパウダーを入れる場合のペースト動画

AAAランクヘナにハーブパウダー(7種のハーブ)をいれると、より艶やかに、見た目も手触りも良くなります。

ヘナオレンジ単品のペースト動画

こちらは、ハーブパウダーなしの、基本のヘナオレンジペーストの作り方。


ヘナカラーで用意するもの

ヘナオレンジ(AAAランクヘナ1パック100g)

ハーブパウダー(いれるとより良い)

計量カップ

ステンレス製のボウル×2(直径20㎝前後がやりやすい)

泡立て器(大きめ)※小さいものは後半混ぜにくくなります。


ヘナペーストを作ろう

今回は、半分の50gを使用して、ヘナペーストを作ります。

髪の長さや量によって、ヘナやお湯の量を調整してください。

髪の長さの目安 : ミディアムヘア

ヘナの量 : 1/2袋の50g

ハーブパウダー : 1袋(2.5g)

お湯の量 : 350ml

ハーブパウダーをお湯に溶かす

まずは、ボウルにハーブパウダーを1袋入れ、350mlのお湯で溶いていきます。

この時のお湯の温度は40℃〜60℃が目安です。

お湯をボウルにいれたら、10回程度混ぜます。

素早く混ぜるのが、ペーストを綺麗に仕上げるコツ。

ヘナを2回〜3回に分けて混ぜる

ハーブパウダーを溶いたら、その中にヘナを2回〜3回に分けて混ぜます。

だんだんペーストが重たくなっていくので、泡立て器の下の方を持って、

力強く混ぜ続けます。

ヘナペーストの柔らかさは、泡立て器を持ち上げた時に、ツノが立ってすぐ落ちる程度の柔らかさです。

ダマが無くなり、マヨネーズのようにとろりと出来れば、次が最後の仕上げ。

これで寒くない!湯煎で気持ちよくヘナカラーを

最後は、ヘナを気持ちよく塗るために、湯煎をします。

もうひとつのボウルに熱湯を適量いれ、ヘナペーストの入ったボウルを重ねます。

ペーストの温かさを保ってくれるので、身体を冷やすことなく、最後まで気持ちよくヘナカラーを楽しめます。


まとめ

・泡立て器は大きめのものを使用する

・ハーブパウダーやヘナは素早く混ぜるのがコツ

・湯煎をかけると、冬場でも最後まで気持ちよくケアができる

滑らかペーストが作れる良質なオーガニックヘナ

正しいヘナペーストの作り方をマスターして、ヘナカラーを楽しみましょう♪

ヘナペーストだけでなく、使用するヘナ選びも大切。

今回ご紹介したマムズヘナは、添加物のない良質なオーガニックヘナ。

ヘナの中での最高ランクの「AAAランクヘナ」です。

粒子が細かいため、滑らかで気持ちの良いヘナペーストが作れます。


AAAランクヘナオレンジの詳細を見る